ワークフロー

戸建住宅の新築場合

①現地調査・基本プランのご提案(約1〜1.5ヶ月程度)
ご要望をお聞きし、法規規制や周辺状況等の現地調査の上、どのような建物を創るかラフプランを作成しご提案します。 それに基づき調整検討していきます。

②設計監理契約〜基本設計(3〜4ヶ月程度)
基本プランを気に入っていただけたら設計監理契約いたします。 ここで正式に設計監理を依頼されたことになります。 契約後は、基本プランを基に基本設計に入ります。 お客さまと何回も打ち合わせを行い納得のいくまでプランの調整検討を行います。 基本設計では外観やプラン、仕上げイメージ、設備計画等の方針を決めていきます。

③実施設計及び確認申請(3〜4ヶ月程度)
基本設計を基に、細部を検討して工事の発注ができる図面を作成します。 仕上げ、設備機器、家具、照明といった詳細な部分を決めていきます。 また実施設計業務と並行して確認申請書を作成し、行政または民間申請機関に提出をいたします。 この作業は弊社が、建主の代理として行います。

④施工業者選定〜見積り調整(2ヶ月程度)
実施設計図書を基に施工予定会社に見積りを依頼します。 見積り金額・技術を専門家として総合的に判断し、施工業者選定の助言をいたします。 また場合によってご予算に合うように工事費の調整を行います。 工事請負契約は建主と施工業者の間で交わされます。 私たち建築家は監理者として立ち会います。

⑤着工 現場監理
工事着工後、私たち建築家は、建主の代理として図面通りに工事が行われているか検査・監理し、最終的な 材料の見極め等を行います。( ※現場監督は施工会社が行います。) また細部の最終決定に向けお客さまと打ち合わせを行い、ご希望によって変更または調整を行います。また ショールームに足を運び、実物を確認することもあります。

⑥竣工
工事完了時にお客さま、建築家、施工会社の全員で最終検査を行い、 引き渡しになります。
また入居後およそ一年経過した時点で、一年検査をおこない建物の確認をします。
定期検査に限らず、何かご相談がある場合はその都度対応します。